中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

史記 列伝〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『史紀列伝』は、司馬遷が創始した紀伝体の中で最も特色ある部分である。『史記本紀』・『史記世家』が王朝史・列国史を列ねているのに対して、『史記列伝』は個人の事跡を描いている。本書では、「蒙恬列伝」「淮陰侯列伝」「張丞相列伝」「劉敬・叔孫通列伝」など12篇を収録した。興味尽きない人物伝を格調高い文体で謳い上げた列伝は、現代人にとっても必読の書である。

内容(「MARC」データベースより)
「史記〈列伝〉」は、司馬遷が創始した紀伝体の中で最も特色ある部分で、興味尽きない人物伝を格調高い文体で謳い上げたもの。「淮陰侯列伝」「張丞相列伝」など12篇を収録した、2002年刊の続編。

爆笑三国志〈6〉 (単行本(ソフトカバー))

内容(「MARC」データベースより)
登場人物どれをとっても個性的キャラクターぞろいの三国志。劉備、関羽、張飛、孔明ばかりがヒーローじゃない。熱い男たち、女たちの素顔に迫りつつ中国古典を知る、歴史人物笑史。〈ソフトカバー〉

文章軌範 (新書)

出版社からの内容紹介
『文章軌範』は、中国の高級官吏登用試験である「科挙」の受験参考書として、宋時代に編まれた。簡潔・質朴・雄渾な唐宋の「古文」の模範たる名文が主に集められている。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
『文章軌範』は、中国の高級官吏登用試験である「科挙」の受験参考書として、宋時代に編まれた。簡潔・質朴・雄渾な唐宋の「古文」の模範たる名文が主に集められている。理論的な文章が多い。我が国には、室町時代末期に紹介されるが、特に江戸末期に勤王の志士たちに愛読された。以来、『古文真宝』などとともに漢文の必読書として今日まで読み継がれている。

漢文力 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
天職につくのは本当にしあわせか? 心霊写真の幽霊はヌードのはず? 「キティちゃん」の顔に口がないのはなぜ? 古人の思索を楽しく追体験しながら、明日を生き抜く力を育てる本。

内容(「BOOK」データベースより)
ライオンに襲われるシマウマの子をあなたは助けるべきか?実戦を知らぬ人ほど、好戦的な主張をするのはなぜか?大きすぎる犯罪は罰せられない?正解は古典にあり!中国古典の名句を読む。

中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
中国文学の原点である『詩経』と『楚辞』の成立、発想、表現を、『記紀万葉』と対比し考察する。古代共同体的な生活が破壊され、封建制が根付いたとき、人々はそれぞれの運命におそれを抱き、そこに古代歌謡が生まれた。この巻でとり扱った時期は、古代中国人が神を発見し、また失う過程を示すものである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。43年立命館大学法文学部卒。84年から96年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

詩経―中国の古代歌謡 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古代人の豊かで鮮烈な精神を伝える、中国最古の詩歌集。儒教の聖典として長く特殊な解釈にさらされ失われてきたこの躍動的な歌謡の世界を、成立基盤の類似した『万葉集』との比較の観点から、見事に復活させた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。1943年立命館大学法文学部卒。1984年から1996年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

陶淵明全集〈上〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

漢文を学ぶ〈4〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
なになに?「たまにはテレビを消そう。自分の目で『見て』みよう。」なんとこれ紀元前三世紀の韓非子「犬馬難。鬼魅最易。」を敷衍したものだ。テレビを受け身で眺めているうちに、それが実物とはちがう疑似映像だということをつい忘れてしまう。自分の意志で「自分から」「見るつもりで」「見る」ことが大事。

内容(「MARC」データベースより)
古の漢籍から名言を引き、紹介する書の第4巻。単なる解説を超えて現代社会、世相へと鋭く切りこむ文章は時に辛辣、時にユーモラス。漢文の魅力をわかりやすく伝える18篇。

西遊記〈中〉破邪遍歴の巻 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
天竺国の雷音寺にある経典、“三蔵の法”を手に入れるべく、僧玄奘は、太宗皇帝より唐三蔵の名を与えられ、西天をめざす。天界で釈迦如来との戦いに破れ、五百年の間五行山の下にとじこめられていた、我等が悟空は、観音菩薩の命で、三蔵の旅の供をすることになる。途中、世をすねた西海竜王の三男、白竜が旅の仲間にくわわる。西天への取経の旅は、つぎつぎに襲いかかる妖魔との戦いの旅であった。この巻では、のちに旅の仲間となる豚の妖魔・猪八戒、どくろをさげ、宝杖を持つ沙悟浄のほか、人間の精気を糧に生きる美しい白骨夫人や、妻を追って妖魔と化す黄袍怪、おなじみの金角、銀角、そして、牛魔王の息子・紅孩児が登場。

内容(「MARC」データベースより)
天界で釈迦如来との闘いに破れ、山のふもとに閉じこめられた孫悟空。三蔵法師の取経の旅の供を条件に、自由の身となり大活躍。スーパーモンキー悟空と妖魔の仲間たちが三蔵法師を守って旅する双六ファンタジー。あがりは西天!

司馬遷―史記の世界 (文庫)

メタローグ
武田泰淳(1912―76)は竹内好の盟友だった。本書も『魯迅』と同じ叢書の一冊として書かれた。それが共に2人の代表作となるところに、文学創造と時代との深い関係が浮かび上がる。今回選んだ本の多くに、戦争の影が色濃く射しているのも、なにがしかの理由があろう。戦争と言えば、本書が取り上げる史記の作者も、戦乱の世を生きた。宮刑という男子として究極の辱めを受けながらも人間の歴史を書き続け、したたかに生き抜いた男の姿は、愛する中国との戦闘にかり出され、やがて転向の屈辱を味わった作者の自画像とも重なり合う。「忍び得ぬ悲しみをもって世界全体を見守った」のは、泰淳その人でもあった。(宮川匡司)
『ことし読む本いち押しガイド2000』 Copyright© メタローグ. All rights reserved.


内容(「BOOK」データベースより)
「司馬遷は生き恥さらした男である。」に始まる本書は、武田泰淳の中国体験もふまえた戦中の苦渋の結晶であり、それまでの日本的叙情による歴史から離れて、新たな歴史認識を展開した。世界は個々人の集合であり、個の存在の持続、そして、そこからの記録が広大な宇宙的世界像と通底する。第一篇「司馬遷伝」、第二篇「史記」の世界構想。

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}

ooo東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 新型インフルエンザマスクooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo ~品川の街~ooo 千葉文化ぶんか!ooo 歴史千葉ooo あまーい千葉スイーツタワーooo 「TaEco」(タエコ)ooo AV・カメラ・PCooo 夏はプールだ千葉特集ooo ダーツ大好き@千葉ooo アメ横一番!ooo なでしこJAPANooo うまい米@千葉ooo 幕張UFOooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo 国家の要!千代田区ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo