中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

西遊記〈5〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
三蔵の一行は、朝に行き夕べに宿り、飢えに耐えながら旅を続けて道のり漸く半ば。やがて前途に横たわるのは大海原にも似た通天河。そこに住む魔王は一年一度の祭りに男子・女子一人ずつを食べるという。早速悟空・八戒が身を変え、見事二人の子どもを救う。

愛蔵版 ザ・金瓶梅―金瓶梅全訳全一冊 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
性と政の究極の姿を近世初期中国の一家庭に凝縮した奇書「金瓶梅」全訳全一冊化。

内容(「MARC」データベースより)
中国4大奇書中の白眉、性と政の究極の姿を近世初期中国の一家庭に凝縮した「金瓶梅」第1回から100回までの全訳を収録。作者不明で淫書、穢書といわれながら今日では世界中で読まれている作品の愛蔵版。

中国艶本大全 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
人間の生の姿を赤裸々に描く艶本(好色小説)は、貴重な文化遺産であり、それぞれの民族の素顔を知るための好材料でもある。いまに残る中国の古典艶本はざっと百五十種。明代から清代にかけてが全盛期だが、古くは、遣唐使がもち帰った『遊仙窟』が日本文学に影響を与えるなど、わが国との縁も深い。本書では、漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品六点(『遊仙窟』『如意君伝』『痴婆子伝』『金瓶梅』『僧尼〓(げつ)海』『春夢瑣言』)を紹介する。

内容(「MARC」データベースより)
漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品6点を詳しく紹介。わが国の文学にも多大な影響を与えた「遊仙窟」から「金瓶梅」「春夢瑣言」までの豊潤にして注廉な「男女相悦」の世界を案内する。

宋詩概説 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「中国歴代の大帝国のうち、もっとも文化的」であった宋代。蘇軾、陸游、王安石、梅堯臣ら当時の詩人は、社会と人生に対する巨視の哲学を詩にしめし、日常の生活を微細に詩にうつした。悲哀を止揚し、静かな喜びをもたらす宋詩の性格を「唐詩は酒、宋詩は茶」と喝破し、以後の中国文学史の流れを決定づけた名著。

六朝詩人群像 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
分裂と混乱の時代―中国・六朝期時代の激浪に翻弄された詩人たちがいた…。

内容(「MARC」データベースより)
漢王朝が崩壊し、次の統一王朝・唐の出現を見るまでの分裂と混乱の時代-六朝。その乱世に輩出された詩人たちの、時代の波に翻弄されながら生きた個性的な生涯をえがく。

三国志―人間通になるための極意書に学ぶ (単行本)

Amazon.co.jp
   日本近代文学、書誌学を専門とする文学博士で関西大学名誉教授の谷沢永一と、英語学を専門とし、幅広い評論・著述活動を展開している上智大学名誉教授の渡部昇一が、三国志から何を学ぶかを闊達に話し合ったものである。    単純に三国志について書かれたものと思いきや、読み進めると、治世の能臣、乱世の姦雄(かんゆう)という話題から、現在の日本の金融界がだめになった原因についての議論へと飛ぶ。しかも、具体的には「旧住友銀行は発足以来、堅実そのものの行風だったのに、磯田一郎などという無茶苦茶な人間が現れて、大博打を打って、潰れる寸前にしてしまった。これは能臣以下です」とか「日本の金融でアメリカと対等に戦えて、乗っ取られそうもないというのは、金融業の風上にも置けないといわれていた消費者金融でしょうね。とくに先発で大手になっている人たちはものすごい姦雄です」という発言も出てくる。    本書は、人間社会のダイナミックな動きを会得するための教訓臭のない本として、三国志をすすめている。たとえば、ある状況では知恵者が出てくる。その知恵者もこういう失敗をしている。こんな偉い人がいるけれども、あんな欠点があるという実例が入っている。三国志を新しい視点から紹介した、ユニークな1冊である。(増渕正明)

出版社/著者からの内容紹介
中国一八〇〇年前の人間ドラマは、そのまま現代の混迷を切り開く指針となる!豪華絢爛たるエピソードの数々と英雄たちの実像を人間通として定評のある谷沢・渡部両氏が縦横無尽に語り合う。

史記〈5〉―列伝〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
中国の古典中の古典ともいうべき『史記』の全訳。「列伝」は、みずから歴史に参加し、国家・社会に強い影響を与えた人間たちの行為や言辞を伝える。

中国古典の名文集―あの名言・名句四千年の叡智 (単行本)

日経BP企画
中国古典の名文集
 日本の先人たちは中国古典を教養の根幹としてきた。先人たちの経験を追体験し、日本の優れた伝統を見直そうというのが本書の狙い。硬軟取り交ぜ、18編を取り上げる。 諸葛孔明「出師の表」、陶淵明「帰去来の辞」など、いずれも日本でなじみ深いものだ。漢文、読み下し文、訳文のほか、作者や文章の出所、日本での読まれ方なども紹介する。「父子親あり、君臣義あり、夫婦別あり、長幼序あり…」で始まる「白鹿洞びゃくろくどう書院掲示」は、学校の生徒心得として朱子が示したもの。日本では江戸時代、各藩の藩校にこの「白鹿洞書院掲示」が掲げられ、人づくりの指針とされた。 中国古典に縁がなかった人、かつて学び、今、改めて触れてみたい人などに好適の1冊だ。
(日経ビジネス 2003/12/15 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)


内容(「MARC」データベースより)
思わず声に出して読みたくなる「珠玉の漢文」18篇。諸葛孔明「出師の表」、陶淵明「帰去来の辞」、そして蘇軾の「赤壁の賦」…。先人の知恵、座右の言葉をまとめる。

完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「左伝」等、日本の教養の根幹であった中国古典24篇を取り上げ、テーマに即しながら、その内容を紹介する。1984~85年刊「中国古典の人間学 正・続」を合本し、見直し、書き加え、修正をしたもの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
守屋 洋
著述業(中国文学者)。昭和7年、宮城県生まれ。東京都立大学中国文学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

史記〈下〉漢武篇 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
本篇はいわば侵略戦争に起因する統制経済のふかい爪あとである。大漢帝国を支配する武帝が、はじめて天の子として大見得をきる舞台の、裏側をこれはまざまざと見せてくれる。

内容(「MARC」データベースより)
美徳と悪徳、高潔、猜疑、寛容…。長い歴史の中で、人間はどのように生きてきたのか、そして将来はどのように生きていくのか。「史記」に普遍の姿を探究する。78年刊の再刊。〈ソフトカバー〉

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}

oooうまい米@千葉ooo 花ざかり千葉ooo 千葉蛸・たこ焼き大好きooo ショッピング 検索ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo ガシャポン戦死!ooo リネージュIIクロニクル1ooo あまーい千葉スイーツタワーooo 美容.コレクションooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 中野区居住化計画ooo 風呂の事ooo 千葉野菜王国ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 鶯谷・うぐいすだにooo GOGO!江戸川区!ooo マージャン大好き麻雀@千葉ooo