中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

詩経―中国の古代歌謡 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古代人の豊かで鮮烈な精神を伝える、中国最古の詩歌集。儒教の聖典として長く特殊な解釈にさらされ失われてきたこの躍動的な歌謡の世界を、成立基盤の類似した『万葉集』との比較の観点から、見事に復活させた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。1943年立命館大学法文学部卒。1984年から1996年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中国詩境の旅 (文庫)

出版社 / 著者からの内容紹介
白楽天、蘇東坡、杜甫など、古の詩人たちが愛した江南各地を旅し、日本人の心の原風景に想いを馳せる紀行随想。漢詩ファン垂涎の一冊。中高年層を中心に、静かな漢詩ブームが続いている。李白・杜甫・白楽天・陶淵明らの詩を愛誦するばかりでなく、実際にゆかりの地を訪ねる人も跡を絶たない。古来より日本人が強い憧れを抱き、想像をたくましくして詩歌や俳句にうたい上げてきた中国の詩文の世界を、現実に体験できる時代になったのだ。
ことに、うららかな春の江南地方(長江下流の南側)は、いにしえの文人たちの詩境に想いを馳せる上で最高の舞台となる。本書では、日中双方の古典文学に深い造詣を持つ著者が、揚州・蘇州・杭州・紹興……と旅をしながら、それぞれの詩文の情趣豊かな作品世界を見事に読み解いている。さらに著者の思索は、芭蕉や蕪村の作品を引きながら、日本人の意識の深層にある中国文化までを鮮やかに照らし出すのだ。
たんなる漢詩の解説書や旅行ガイドでは物足らない人たちにとって、知的好奇心を刺激するまたとない「詩と旅のガイド」である。『中国幻想行』を改題。

内容(「BOOK」データベースより)
古来より日本人が強い憧れを抱いてきた中国の詩文の世界。ことに麗らかな春の江南地方は、古の文人の詩境に想いを馳せる上で最高の舞台だ。揚州・蘇州・杭州・紹興…と旅をしながら、著者の思索は、李白や杜甫、白楽天らの境地を探求するのみではない。芭蕉や蕪村の作品を引きながら、日本人の意識の深層にある中国文化を見事に照らし出す。知的好奇心を刺激する好著。

史記〈11〉列伝4 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、『史記』十三冊中の『史記十一(列伝四)』で、「袁〓〓(おうちょう)錯列伝第四十一」より「匈奴列伝第五十」までの十篇を収める。

伝習録 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『伝習録』は近世最大の思想家、王陽明の言行録であり、陽明学の本質を著した基本書である。王陽明は、明の儒学を代表する人物で、心即理(心と道理は一つのものであること)・知行合一(知識と行いは一つのものであり、それによって道理に適うこと)・致良知(良知は人が生まれながらに持っている完全なもので、これを発揮すればすべての道理に適うこと)を唱えて空論を排除し徹底的実践を説いた。本書はそのエッセンスをまとめたものである。

内容(「MARC」データベースより)
中国古典の原文の読みどころに、書下し文と解説・背景を加えた、読みやすくて、コンパクトなシリーズ。近世最大の思想家・王陽明の言行録にして陽明学の本質を表した基本書「伝習録」のエッセンスをまとめる。

詩経 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『詩経』は中国文学の母。『易経』『書経』『礼記』『春秋』と併称される「五経」の一として名高い古典。長らく儒教道徳弘布の経典として読みつがれてきたが、著者は伝来の解釈を牽強附会なものとして退ける。原典の詩句を虚心に誦するとき、そこに立ち出でるのは古代中国民衆の瑞々しい感情生活であり、真摯な祈り、痛切な訴えと諷刺である。感動溢れる古代歌謡としての『詩経』を正当に読み解いた画期的名著。

著者紹介
1904年山口県生まれ。東京帝国大学文学部卒業。九州大学教授、早稲田大学教授を歴任。専攻は中国文学。九州大学名誉教授。学士院会員。主著に、『洛神の賦』『屈原』『世説新語』『詩経・楚辞』『唐詩三百首』『唐詩散策』『目加田誠著作集』(全8巻)など。1994年没。

いまさら聞けない三国志の大疑問 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
一冊で「三国志」通になれる即効レッスン!「登竜門」はいったいどこにあった門なのか?諸葛孔明の軍師としての才能と、宰相としての能力はどちらが上?この時代の地図はどの程度正確だったか?…ほか気になる謎をズバリ解明。

内容(「MARC」データベースより)
悪役として語られる曹操は、そもそもどこが悪いのか? 結局、「三国志」で最後に勝ったのは誰? 「登竜門」とはどこにあった門なのか?など、気になる謎をズバリ解明。一冊で「三国志」通になれる即効レッスン。

史記〈中〉楚漢篇 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
怨恨、嫉妬、権勢慾、物慾。永遠の相の下に人間をみつめる。項羽と劉邦、黥布、韓信らの光と陰。

内容(「MARC」データベースより)
項羽と劉邦、そして韓信らの光と陰。怨恨、嫉妬、権勢慾、物慾…。現代にも通じる世界を描いた「史記」に、永遠の相の下の人間をみつめる。78年刊の再刊。〈ソフトカバー〉

三国志が面白いほどわかる本 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
多くの漫画・小説の創作源となっている羅貫中による小説『三国志演義』のフィクションと、陳寿による史書『三国志』の歴史的事実とを対比させ、”本当の『三国志』”の姿を明らかにした決定版。ファンにもビギナーにも楽しめる1冊。



内容(「BOOK」データベースより)
「三国時代」とは、220年に魏の曹丕(文帝)が後漢を滅ぼしてから、280年に魏の将軍・司馬炎が皇帝に即位し、晋の建国によって中国を統一するまでの期間をさします。この時代には、後々も英雄として語り継がれることになる曹操、劉備、孫権、関羽、諸葛孔明らの武将・軍師たちがキラ星のごとく歴史のヒノキ舞台に登場し、死闘のうちに果てていきました。本書は、2千年という年月が経ってもなお多くの人々を魅了し続ける魏・呉・蜀の三国の興亡を、歴史学者である陳寿が著した正史『三国志』にもとづいて語り、時代を駆け抜けた英傑たちの魅力に迫ります。『三国志』を知らない方はもちろん、知っている方が読んでも楽しめる最高のガイドブックです。

完訳 水滸伝〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
武芸十八般の達人や妖術使いら108人愛すべき豪傑たちのとんでもない武勇譚。

水滸伝〈6〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
梁山泊にすべて集まった百八人の好漢たちは、いよいよ「天に潜って道を行う」義の旗を挙げた。一方、彼らを制圧せんとする朝廷の奸臣たちは、彼らの帰順をはばみおのれの権力の安泰をはかろうとするのだが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}
{ろまろま} {シロン}

ooo東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 新型インフルエンザマスクooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo ~品川の街~ooo 千葉文化ぶんか!ooo 歴史千葉ooo あまーい千葉スイーツタワーooo 「TaEco」(タエコ)ooo AV・カメラ・PCooo 夏はプールだ千葉特集ooo ダーツ大好き@千葉ooo アメ横一番!ooo なでしこJAPANooo うまい米@千葉ooo 幕張UFOooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo 国家の要!千代田区ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo